TERU NAKASHIMA WEB STYLE MAGAZINE

MEMORY OF JOURNEY LOG

お支払い方法

トップ > 活動内容 > 輝 塾

人気漫画『ワンピース』で例えると…

主人公であるルフィーは、「海賊王に俺はなる!」と断言しているが、
「おれは助けてもらわねぇと生きていけねぇ自信がある!!!」の台詞からも、
自分が海賊としてのスキルを持っていないことを自ら認めている。

自己認知

また、ルフィは気合いと意気込みはあるが、刀は使えない・海図は読めない・食事は作れない・
船大工はできない為、仲間のスキルを認めている。

他者認知

出来ない自分を知っているからこそ、剣豪であるゾロを仲間にし、海図が描けるナミ、
コックのサンジを仲間にと、どんどん自分の足りないところを助けてくれる仲間を増やしていった

自己受容&他者受容

つまり、自分ができないことを認識しているからこそ、どんな仲間も大切に相手を尊重できるのである

自己成長&他者貢献

更にパフォーマンスを上げるためには心を良い状態(エクセレントライフ)に保つことが大切で
そこには4つの扉が存在します。

もっと、自分の人生を知りたい、充実させたいとおもっている世界中の人々が
その人自身の使命を理解し、充実した輝く人生を過ごしてほしい。

中島輝が35年間の克服経験から獲得したアイデンティティーの獲得確立技術。
使命の見つけ方。成長を持続化させる習慣の方法。
その実践経験や開発してきたアイデアをみなさんにお伝えして行きます。

そして私が、どうしても伝えたいのは、その人自身の魂に火を灯すことです。
「どんな困難に出会っても絶対大丈夫これが私の人生だ。」
と胸を張って一人一人が生きていける世の中を創ることです。

ただこの思いを実践するには1対1のため、どうしても他の企業研修と同じ費用となってしまい、
費用面と意識面で経営者の方しか支払うことができませんでした。

そこで、必要とされているすべての方々に届けるためには、グループワークで
自分の使命と続ける方法を身につける必要があります。
そして、ようやく半年ほど前に輝塾の前進となる6ヶ月プログラムを実験的に行った結果、
グループワークで自分のミッションを続ける方法を確立しました。

その方法がこの輝塾の中に全てつめこまれています。

一般的な研修では、在り方を『目的(BE)』とし、『それがエネルギー と なって行動となる(DO)』、『その行動の積み重ねが結果となる(HAVE)』という順番に なって いきます。 しかし、輝塾では下記のように在り方を『自分を知ること・目標(BE)』とすることで、行動や結 果が放物 線のように色んな方向へと広げることが出来ます。

例えば、オリンピックで金メダルを目指しているとします。金メダルを獲得することが「目的」になっている場合は、一度の挫折でダメになってしまいます。しかし、金メダルを 取ることはあくまで「目標」で、本来の「目的」は活躍している姿を見せることで「ご両親の笑顔が見たい」ということであれば、例え予選試合で徹底 的に負けたとしても、目的ために次の試合に向けて何度でも立ち上がっていくことができるのです。

今、日本中の人が求めている私は、何者でどこに向かって生きているのかを探求する応援ができると信じています。
それが実現できた時、アルフレッド・アドラーの言う『どこからではなく、どこに向かって』いくのができると考えています。

「学問とは人間がどのように学ぶか? 私が尊敬するのはその人の魅力ではなく、
生き方であって知識ではなく、行動なんです。」
ー 松下村塾塾長吉田松陰の言葉より ー

輝塾とは、松下村塾のように、あなたの理性と感情と魂を知る 七つの技術を習得する場所です。

これらの要素を含むテクノロジーを理論、実践、対話によって理解できる内容になっています。
これまでの使命の見つけ方は理性と感情のみに焦点を当てた方法のみだったので、魂までアクセスしていませんでした。そのため、常にブレが生じていまし た。

一方、よくある心理学セミナーの自分軸探しが、すぐに崩壊してしまうのは、顕在意識(意識)にのみフォーカスしたからです。それを、このプログラムを学習することによって 潜在意識(無意識)まで深め、習慣化を持続することができるのです。

これらの脳科学と心理学と哲学が交えた七つの輝塾テクノロジーを使うことによって、自分の使命を見つけ、習慣持続するプログラムを提供します。

〈脳の三層構造について〉
脳科学でいうと、脳の一番外が便宜上、理性脳といわれるものです。脳の部位としては大脳新皮質がこれに相当します。そして、大脳新皮質の下にある のが、大脳辺縁系です。ここは感情や本能的行動を司る部位です。一番下は脳幹です。ここは生命維持に必要な部分ですから、こうしているうちにも勝 手に心臓をトクトク動かしています。

〈顕在意識と潜在意識の違い〉
顕在意識というのは、意識のことです。私たちが感じたり、考えたり、今、気がついている部分を意識といいます。潜在意識というのは、普段は意識し ていないけど努力したら意識できる、何かの拍子やアクシデントなどで意識に浮かびあがってくる心の領域のことです。

一般的には脳科学と心理学を使った目標達成のメソッドがあります。
輝塾では使命を見つけるために「脳科学」を使い、それを習慣化するために「心理学」の要素を取 り入れ
この二つを統合するのに「哲学」を取り入れました。

ステップ・バイ・ステップの「全6回 180日間プログラム」を開催いたします。

プレ期  月  日(  )  受講生以外も参加可能なプレ講座となります。
1日目   月  日(  ) 脳科学を理解し、本当の使命を見つける
2日目   月  日(  ) 脳科学を取り入れて、現実の自分を知る
3日目   月  日(  ) 心理学を知り、自分を受け入れる
4日目   月  日(  ) 心理学を知り、成長のための習慣法則を手に入れる
5日目   月   日( ) 哲学を理解し、使命感と習慣化を結びつける
6日目   月   日 ( ) 哲学を理解し、人間本来の力を引き出す
180日間
サポートサービス

・動画マニュアルによる自宅学習支援システム
・メンバー限定のメーリングリストで、成果報告、情報共有を行います
・各講座終了後のメンバー同士の勉強会場の提供
・講座後の親睦会を開催!他のメンバーとより深く交流できます

※なお、この全6回の内容は「予定」となっています。
 現在、コンテンツを準備中であり、また、参加者の状況に応じて「最善の内容」にするために、
 途中で変更する可能性があります。ご了承くださいませ。

Q セミナーは全日程に出る必要がありますか?
参加できない場合は、どうしたらいいですか?
A 必ずしも全日程に出なくても賛歌はできます。
資格取得にも影響はありません。
セミナーは全てオンラインビデオで撮影いたしますので、欠席の場合も内容は視聴することができます。
Q 地方だと参加費のほかに、交通費や宿泊費がかかり、かなり大変です。
何か、優遇措置はないですか?ビデオで視聴することは出来るのですか?
オンラインだけの受講コースなどはないですか?
A 大変申し訳ないのですが、今回は、優遇措置は考えていません。
その線引きが難しいので、これについては本当に申し訳ありません。
また、全6回の本口座終了後もフォローアップのオンライン講座もあります。
そちらでも十分にノウハウを得ることは可能です。
ただ、やはり、今回はライフスタイル診断テストやワークなど、セミナー参加ならではのノウハウ、スキルもありますので、是非、セミナーに はご参加ください。
Q なんで、早割がこんなに安くなるんですか?
A 中島個人として、とてもお伝えしたい内容なのです。だから、本気の人、ヤル気の人に伝えたい!
そして、早く申し込んでくれた人のその意気込みを感じ、100日間終了後、お金ではない大きな成果や成長を共に感じたいからです。この講 座をその意気込みではじめます。
参加人数も少人数、分かち合いしやすい人数で開催しますので。先着順(申込・入金完了)、定員になり次第、募集は終了となります。
Q 分割払いはできるんですか?
A はい、カード決済で出来ます。
但し、ご自身がお持ちのカード会社によって異なりますので、ご確認くださいませ。
Q 修了証はでるんですか?
A はい、国際コミュニティーセラピスト協会から、講座修了証が発行され活動、活躍が認められます。
日程 次期の日程は12月中に公開!
時間 10:30〜16:30
※各日とも終了時間が前後1時間ほどずれる可能性があります。
受講料
(税込)
通常料金     540,000円
早割1     終 了しました
早割2     240,000 円 (5月7日までにお申込み・ご入金ください)
学生割引       75,000  510日 までにお申込み・ご入金ください)
再受講      85,000円(5月10日までにお申込み・ご入金ください)
企画運営
※お問い合わせフォームの内容欄に「輝塾ガイダンス申し込み」とご記入下さい。

「受講を申し込む」ボタンから、お問い合わせフォームの内容欄に「輝塾申し込み」と希望のコーチング名と日程をご記入のうえ、お 申込ください。(先着順)

※お支払いは、銀行振込、クレジットカードがご利用になれます。
※銀行振込の場合の送金手数料はお客様負担とさせていただきます。
※お振込名義人と「セミナーお申込み者」のお名前が異なる場合は、お手数ですが弊社までご一報下さい。

・概要を必ずよくお読みの上お申込み下さい。
・プログラムの性質上、途中参加は認められません。全日参加が可能な方のみお申込み下さい。
・開催3週間前の時点でお申込みが一定数に満たない場合は、中止となる場合があります。あらかじめご了承ください。



Copyright © 2015 teru-nakashima.com All Rights Reserved.